10月のケータリングご報告。

気づけば、blogも10月は一度もアップされずにおりました。。
ケータリングのご依頼を多く頂いた月でもありました。

◆恒例となっている、音楽家の奈良裕之さんと、屋久島の
ガイドさん「森の旅人」のけんたくんとなおちゃんご夫妻による
リトリートへのケータリングをさせていただきました。

ベジタリアンでとのご要望でした。

menu
小豆のおむすび
梅とピリ辛味噌のおむすび
三種のきのこと白キクラゲの赤出汁
コロッケ
夏野菜のアジア風白和え
若布の酢みそがけ 天草の無農薬レモンを添えて
かぼちゃとピーマンのきんぴら
人参と向日葵の種のココナッツサラダ
ひじきと赤玉ねぎと大根のマリネ
新さつまいもと天草のレモンの蜂蜜煮

果物
バナナ・オレンジ・早生蜜柑

お土産等で頂くお茶類をシェア
タイのジンジャーと胡椒がピリリと効いた粉のハーブ茶
枇杷の葉茶
有機栽培の烏龍茶

a0182053_1661543.jpg

a0182053_16603.jpg


◆屋久島の恵美香ちゃんによる「薬草リトリート」のみなさまへ。

menu
小豆のおむすび
梅とピリ辛味噌のおむすび
海老のサラダ
さつまいもと天草のレモンの蜂蜜煮
人参のココナッツサラダ
ひじきと玉ねぎのマリネ
アボカドとじゃがいものマッシュの生春巻き
きのこたっぷりのミネストローネ

デザート
主宰のひろみくんバースデーにて
ホールのバナナチーズケーキ
a0182053_16122159.jpg


◆屋久島のガイドさん「EARTH TRIBES」ひろみくんによる
リトリートのみなさまへ。

menu

ひじきと梅のおむすび
デビルドエッグ
海老とリーフのサラダのタルトフランベ
ラタトゥイユ
ダビデの星(オクラの品種)のお浸し ニラのソース
人参ラペ
じゃがいもとチーズとバジルの揚げ春巻き

デザート
パンナコッタにドラゴンフルーツのピュレ

a0182053_16174781.jpg

a0182053_1618570.jpg


◆とある女子会の宴のみなさまへ。

menu

パエリヤ
地魚の塩竈焼き
きのこのミネストローネ
ヤクシカのたたきとローストビーフのサラダ
モツァレラとトマトとバジルのタルトフランベ
柿と自家製カッテージチーズのタルトフランベ

デザート
リッチなガトーショコラ
お土産として
スノーボール

a0182053_16222441.jpg

a0182053_16224512.jpg

a0182053_1623932.jpg



いつもありがとうございます!
10月も、感謝、感謝です。。。
[PR]
# by ikumi_suzu | 2016-11-06 16:24 | ケータリングについて

9月15日のLa tableのメニュー

アミューズ

桃と自家製カッテージチーズのサラダ
(九州産の乳製品を使用)



前菜

ガスパチョの冷製パスタ仕立て

バショウカジキのカルパッチョ
(太陽プラム、アスパラガス、特製のドレッシングと共に)



魚料理

地魚チレダイのポワレ サフランソース
ハーブとグリーンリーフのサラダを添えて



肉料理

鹿児島県産ローストポーク カルヴァドスのソース
季節の野菜のグリル  鹿児島県産の栗のピュレを添えて



デザート

ラフランスとバナナのキャラメリゼのクランブルに
ミルクとシナモンのソルベを添えて
(熱々と冷たいものの温度差のデザート)
[PR]
# by ikumi_suzu | 2016-09-16 11:47

8月のCatering2

そして、もうひとつは、第45回「日本蘚苔類学会」屋久島大会の
80名様の懇親会に「屋久島の苔の森風ジオラマオードヴル」
(と名付けてくださいました!)と、「ヤクシカの
ロースト」をお届けしました。

実際に苔の森への観察会に連れていっていただき、真剣にあてはまる
食材をイメージします。
前々日に行けたことや、苔の詳しい解説を聞かせてもらえたことで、
よりリアルに、情熱を入れてつくらせて頂けました。
更に、「コケはともだち」の本で、苔の世界では有名な藤井久子さんに
よるライブ監修という素晴らしい贈り物付き。
苔を愛するひとびとの、秀逸な、マニアックなアイデアが満載の
作品です。笑
a0182053_1146130.jpg

a0182053_1147073.jpg

a0182053_924982.jpg



全ておいしく食べられるように、食材を選び組み合わせています。
苔の森を崩していただきながら、自家製の2種類のドレッシングで。

例えば、、、
枯れ枝、倒木に垂れ下がる苔 地衣類
切り株
雫のスギバゴケ
シノブゴケと胞子体
オオゴカヨウオウレン的な小さな花
きのこ
苔の相間に生えるカタバミ
などなど

サラダもローストも、どちらもおーー!っと歓声が上がりました。
楽しくて可笑しくて、小さいものをコツコツと盛りつけ森が出来上がって
行くのはとても愛おしい時間でした。

本当にありがとうございました!

写真は大会の実行員でのアルバムより借用しています
[PR]
# by ikumi_suzu | 2016-09-02 11:53 | ケータリングについて

8月のCatering1

8月は2つのケータリングがありました。

ひとつは、屋久島ソウルナビゲーション「Earth tribes」のコーディネート
による大きなイベントの中で、ソーヤー海さん率いるリトリートのみなさんに
夜ごはんをお届けさせていただきました。

焚き火を囲みながらのビュッフェスタイルで。

MENU

地魚の塩竈焼き この晩は青ホタを

鹿児島の豚でローストポーク

屋久島の椨川(たぶかわ地区)の新米のひじきと枝豆のおむすび

黒米の生春巻き寿司ロール  

じゃがいもとかぼちゃのコロッケ

ライタ(胡瓜とハーブとヨーグルトのサラダ)

グリーンのサラダ

茄子のグリルと高尾ぶどうのマリネサラダ

人参とココナッツのポタージュスープ

林檎とシナモンのタルトフランベ

*ベジタリアンの方が多く、動物性のものは少なめにご用意。
この日は丸一日登山だったため、お疲れを癒していただけるような
メニューと食材を。

とても喜んでいただけたこと、感謝、感謝です。
ありがとうございました!

またひろみくんとえみかちゃんのとっても素敵なお庭にごはんを
お届けできたらいいな!

a0182053_11335560.jpg

a0182053_11341652.jpg

下の1枚は「Earth tribes」より写真を拝借

写真の大きさが余りに違い、みにくくてごめんなさい。
[PR]
# by ikumi_suzu | 2016-09-02 11:41

8月のLa tableメニュー

魚料理
地魚のポワレ
サフランソースとハーブのサラダ
*ソースは玉ねぎ、ココナッツミルク、生姜、レモングラスの葉、
ターメリック、サフランをくつくつ煮て香りをつけています。
サフランの香りだけでない、複雑でいて夏らしいアジアな雰囲気
もあります。
魚は、皮面をパリっとこんがり焼いて、身はふわりと仕上げます。
ハーブのサラダと共に、お召し上がり下さい。
a0182053_1042558.jpg



肉料理
宮崎県の日向鶏の胸肉もしくは鹿児島の豚ロースのロースト
実山椒と味噌のソースと野菜のロースト
*ソースのコクに、鬼塚農園のお父さん作の黒にんにくを加えています。
a0182053_1065444.jpg


魚料理でなんとも言えない異国の香りを、そして最後の肉料理で日本の風情を。

料理を口にしてくださる方々のそれぞれの小さな、いえ、壮大な?
物語がありますように。


ノンアルコールビール
ドイツ産の「Bitburgerビットブルガー」が新しく加わりました。
瓶(330ml)入り。
くせがなく、高品質なこちら、ビールがお好きでも、運転係、、
というみなみなさまに、ぜひお飲みいただきたいです!!

La tableでご用意しているビールはエビスの中瓶です。
コーンスターチを加えていないビールを国内で見つけることが
難しくなって来ました。
今後、外国産のビールも考えています!
[PR]
# by ikumi_suzu | 2016-08-05 10:20

menu.

7/20のmenu

桃と自家製カッテージチーズ(九州のヨーグルトと牛乳)のサラダ

ガスパチョと熊本の無農薬の雑穀を使ったサラダ仕立て

鹿児島の鮎のコンフィ

魚料理
屋久島・平内沖のチレダイのポワレ
            ブールブランソースとアスパラガスのソテー

肉料理
鹿児島産の豚ロースのロースト
            実山椒と味噌のソースと
                野菜のグリル、じゃがいものピュレ

デザート
オレンジの花の蜂蜜のブランマンジェと屋久島・平内産の水瓜のコンポート

屋久島・平内産のパッションフルーツとクリームチーズのケーキ

songlines焙煎の珈琲(エチオピアイルガチェフェ)
もしくは
ケニア産のアッサム紅茶

Pain
パン・ド・シュクルのパン「ラ・ターブル」

******

来週は、魚料理のソースが夏らしい
サフランソースになる予定です!

レモングラスの葉とココナッツミルクを使うのが、
ポイントです、お愉しみになさってくださいね!
[PR]
# by ikumi_suzu | 2016-07-21 09:25

キャンドルナイト「TOMOS LIGHT」in La table

先週の土曜日の夜は、キャンドル作家のチエミサラさんの
キャンドルを灯させていただいて、ディナータイムを
お客様にお過ごしいただきました。

チエミサラさんは、広島からたくさんのキャンドルを車に積んで
屋久島に渡り、7/14から7/26まで、様々な場所に
そのキャンドルを毎日灯されます。そして、また本州の方へと
向かわれるそうです。

チエミさんのキャンドルの色彩が、ラターブル店主の好みと
あまりに合うため、物欲をそそられます!笑
チエミさんのつくられるキャンドルの一番大きいサイズで、
オーダーメイドしてしまいました。
オブジェとして、また、停電のときには、灯して、ちょっと優雅な
キャンドルナイトでお客様にもお過ごしいただけますように。

この夜をお過ごしくださったお客様、チエミさん、日と月との
あっこさん、ありがとうございました!

a0182053_9115881.jpg
a0182053_9113417.jpg

[PR]
# by ikumi_suzu | 2016-07-21 09:13

七夕に思う お仕事・健康どちらも大切

毎年夏が訪れると、思い出すこと。

屋久島は日中は陽射しが特に強く、気温が上がるので、
仕込み中もとにかく暑くて、水分と塩分を忘れないように
しています。

虫と雑草とのおつきあい。

とにかく、夜どっぷりと疲れきってしまい、からだは
重く、熱を持っていて、本当によく、ぐっすりと眠ります。
昼間の仕込みの合間の休憩時間も、眠れます。
それでなんとか持っているようなかんじがします!

徒然
運動音痴で、体力がとてつもなくある訳ではなく、
昨年末、年齢を重ねることの現実味をひしひし感じ(突然に!?)
お店のこと、料理のことと同じ、もしくはそれ以上に
お店を続けるため健康のために微調整をしています。

今年から、同じ平内地区にできたヨガスタジオに週1〜2回通える
ようになりました。
ロケーションも先生のミキさんのお人柄も本当に素敵で、この時間
だけでも、自分の呼吸を大切に思える、かけがえのない時間です。
ヨガをしている最中は、とにかく気持良くて、終わった後には
笑いが自然に出て来ますよ!笑
ヨガ後の先生こだわりのスムージータイムも!本当に有り難いです。
Anandachillageヨガスタジオ
身体の芯をつくる=丹田=集中力を養っていきたいです。
このとおりのマイペースで、変化を少しずつでも感じられたら
嬉しいなと思う次第です。(大真面目に!)


島の財産である、美しい山や森を歩き、里での散歩、
夏は、近くの海に気が向いたら入りにゆきます。5分間でも
海水に浸かり、プカプカとシャバーサナ(ヨガの最後のリラックスの
ときのポーズ)をすると、驚くほど身体が軽くなり、よい気分転換
になります。
今年は、早朝に出来るだけ海に入って1日を始めたいな
と考えています。それで、料理の仕込みに入る→冴える→おいしいもの
をつくる というのが目標です。
もう、この環境に暮らさせていただいて充分に幸せですが、もっと
健康に自信を持てるように、そして、おいしいものをつくれるように
なりたいし、もっと幸せにもなりたいです。笑

幸せが自分のところからも、拡大してゆけますように!

今日は七夕.
みなさんはどんな願いごとをしますか?
a0182053_14441345.jpg

そして、今週の日曜日は、選挙です。
[PR]
# by ikumi_suzu | 2016-07-07 14:47


La tableは鹿児島県の離島、屋久島にてコース料理で提供される、数組限定のレストランと、ケータリングのお店です。 0997-47-2550 latabledeikumi@gmail.com


by La table

カテゴリ

ケータリングについて
予約状況
menu
営業に関するお知らせ

La table

最新の記事

2018年お節料理のご案内。
at 2017-11-17 14:33
11月・ディナーのmenu
at 2017-11-17 14:04
10月・ディナーのmenu
at 2017-10-02 22:31
お知らせ・NHKドキュメンタ..
at 2017-08-12 11:29
ディナーの営業再開いたしました。
at 2017-07-12 19:01